64人がお気に入りしています

Louis Vuitton

64人がお気に入りしています

INTERVIEWインタビュー

DREAM「人を幸せにする仕事」

ルイ・ヴィトン東日本エリア店舗 クライアントアドバイザー M.Uさん

M.Uさん

ルイ・ヴィトン東日本エリア店舗 クライアントアドバイザー

─新卒で入社して5年目。ルイ・ヴィトンを選んだ理由

就職活動のとき、一番大切にしていたのが「人を幸せにする仕事に就きたい」という想いです。そのため、航空業界をはじめさまざまな企業の説明会に参加しました。その中で「接客」が自分に向いていること、そしてルイ・ヴィトンなら自分が思い描く接客ができると考え、就職を決めました。
凛とした接客、そしてお客様に寄り添う接客──ルイ・ヴィトンの接客に対して思い描いていたのは、そんなイメージでした。

─実際に入社して、感じること

この仕事の一番の魅力は、お客様との関係構築だと思います。
「先日買ったバッグ、とても気に入っているのよ」とわざわざ見せにいらしてくださる方、アドバイスを差し上げた際にとても喜んでくださる方など、日々たくさんの素敵な笑顔をいただけることがとても励みになります。
自分らしいおもてなしで、お客様が喜んでくださる。ルイ・ヴィトンだから叶う接客があるのだと、実際に働いてみて気付きました。

─店舗異動を経験して

入社して最初に配属された店舗は、ターミナル駅に近く、ご出張やご旅行の際に立ち寄られるお客様が多くいらっしゃいましたが、異動した店舗は、地域に根ざした百貨店内にあり、足繁くご来店されるお客様が多くいらっしゃいます。取り扱う製品カテゴリーも変わりました。
現在は、シューズとプレタポルテを担当しているのですが、お洋服をお求めのお客様は、ルイ・ヴィトンの熱心なファンの方が多く、私の方が教えていただくことが本当に多くて…。でも、そんな私の成長を、お客様が一番喜んでくださいます。

─将来のキャリアプラン

やはり接客が好きなので、そのスキルをさらに磨いて、エキスパートアドバイザーになるのが夢です。周りのスタッフにいい影響を与え、たくさんのお客様を幸せにできるようなエキスパートアドバイザーを目指したいです。そのためには、すべての製品カテゴリーを経験して、オールラウンドに製品のご提案ができるようにしなくてはと思っています。
今の店舗にも複数のエキスパートアドバイザーがいて、それぞれが独自の接客スタイルで活躍されているのも刺激になっています。

─これからルイ・ヴィトンに入りたいと思ってくださる方へ

ルイ・ヴィトンには、素晴らしい製品、クラフツマンシップ、そして伝統があります。お客様を幸せにしたい、喜んでいただきたい、という思いがあれば、きっと素晴らしいクライアントアドバイザーになれると、私は思っています。自分の可能性が、ルイ・ヴィトンというステージで広がっていくのを、皆さんにも体験していただきたいです。

 

JOB OFFERSこのブランドの求人を見る