Folli Follie(フォリ フォリ)

5人がお気に入りしています

Folli Follie
(フォリ フォリ)

5人がお気に入りしています

INTERVIEWインタビュー

「純粋で何事にも一所懸命、向上心もあるのがフォリフォリスタッフの特徴です」

フォリフォリジャパン セールスディヴィジョン ジェネラルマネージャー 笠原 千穂さん

笠原 千穂さん

フォリフォリジャパン セールスディヴィジョン ジェネラルマネージャー

フォリフォリは、ユニークなデザインと手頃なプライスで若い女性に人気のジュエリー&アクセサリーブランド。1982年の創業当時の看板商品であるジュエリーはもちろんのこと、近年はウォッチ、バッグなどファッションアクセサリーも強化し、ライフスタイルブランドとして成長を続けています。一目でフォリフォリとわかるユニークさを持ち、それでいて自己主張しすぎないデザインが最大の特徴で、何通りにも楽しめる便利さとコーディネートのしやすさも人気の秘密。2015年には日本上陸から早くも30周年を迎え、2世代でショッピングを楽しむ女性たちも増えてきたとのことです。

東日本のエリアマネージャーを務め、独自のアイデアで担当エリアの販売スタッフのモチベーションを上げていると評判の笠原さんに、活躍する販売スタッフの特徴、採用時に気にしていることについて伺いました。

フォリフォリの販売スタッフは純粋で何事にも一所懸命

―フォリフォリジャパンの組織について教えてください。

派遣社員の方を除くと、オフィスには約30名、新木場の倉庫に15名、店舗はフォリフォリで140名、シスターブランドのリンクス・オブ・ロンドンで12名になります。フォリフォリのショップは35店、期間限定ショップが1店、アウトレットが15店、リンクスのショップは6店展開しています。

―ありがとうございます。笠原さん管轄の東日本エリアにはどんなスタッフの方がいらっしゃいますか?

私自身、十数年間は別のブランドで販売員をしていたのですが、フォリフォリに来て感じたのは、スタッフがとにかく純粋で何事にも一所懸命なんです。また、フォリフォリは年功序列型ではなく、マネジメント能力が見込めるスタッフをマネージャーに抜擢することもあるので、向上心を持ってキャリアアップを考えているスタッフも多い印象です。

―スタッフを採用する立場としては、特にどんな方を選ばれているのでしょうか?

販売スキルに関しては入社後にフォローもできるので、向上心や吸収する力があるかどうかを見ています。フォリフォリに入ったらこうなりたい、というヴィジョンを持っている方は大歓迎です。もし私がお客様だったら、と仮定して、笑顔が素敵、あるいはもっと話していたい、と思うような人間的に魅力のある方を選んでいるつもりです。

足りないスキルや学びたい知識を補う自発的な研修システム

―未経験で入社する方やアルバイトの方もいらっしゃるかと思いますが、彼女たちにフォリフォリ流の接客を身につけてもらうために取り入れている研修やトレーニングはありますか?

もちろん以前から人事主導の新人研修はありましたが、今年から月に一回、販売スキル別、カテゴリー別の研修を試験的に導入しています。本社の方から強制するのでなく、それぞれが自分に足りないスキルや学びたい知識を選んで参加する形で、トレーナーも各カテゴリーに秀でたスタッフが担当しています。ですので、皆でディスカッションしながらスキルアップしていけるような内容になっています。

―勤続年数の長いスタッフも多いんですよね。フォリフォリで長く勤められるのはなぜだと思われますか?

スタッフ同士、縦の繋がりも横の繋がりも深いからではないでしょうか。課題や悩みに対して皆で一丸となって解決するなど、仲間というよりは同士という関係性が心強いと思いますし、お店の雰囲気が非常に良いんです。私も今までいろいろなブランドを見てきましたが、フォリフォリは圧倒的に働きやすいと思いますね。それから、社長もスタッフ思いで社員のことをいろいろと気にかけているので、それも職場への信頼感につながっている気がします。

フォリフォリジャパン セールスディヴィジョン ジェネラルマネージャー 笠原 千穂さん

店舗経験者ならではのアイデアで社内を活性化

―笠原さんご自身は営業としてフォリフォリに入社されたのでしょうか?

はい。営業職に就くのはフォリフォリが初めてなので、本社の雰囲気を他と比べることはできませんが、オフィスと販売スタッフとの距離は近いと感じています。私自身、店長時代には本社に対して言えることと言えないことがあって迷ったりしていたのもあり、何でも話せる空気を作りたいとは思っていました。

表参道店の店長さんのお話にも出てきたのですが、各店対抗のコーディネートコンテストは笠原さんのアイデアなんですよね?

楽しみながらスキルアップできればと思って企画したのですが、皆が素直に受け入れてくれ、実際に楽しんでくれているのはすごく良かったと思っています。始めのうちはポーズもぎこちなかったのが、だんだんモデル然としてきているんですよ(笑)。

「自分がオーナー」の意識を持つことで新たなアイデアが生まれる

―店長経験もお持ちとのこと、先輩としてスタッフの方に伝えていることはありますか?

いつも話しているのは、自分が今いるショップの店長であり、フォリフォリの社長である、という考え方をしてほしいということです。例えば売り上げが赤字になってしまったとして、それを自分の事として考えられるかどうかはとても大切で、このままでは社員を食べさせていけない、という危機感から新たなアイデアや戦略が生まれることもあると思っているんです。実際に、想像力や発信力を持っているスタッフはどんどん伸びていますね。会社の4つのコアバリューにも「オーナーシップ」が含まれていて、他には「ヴィジョン」「パッション」「トラスト」があり、社長も「うちの会社にパッセンジャー(人任せの乗客)は要りません」と明言しています。自分がオーナーだったらどうするのか、その視点で考えることは今後も大事にしていってほしいですね。

―応募される方は店舗や商品について知る機会はあっても、中で働いている方の声を聞くチャンスはなかなかないんですよね。最後に、実際に働いている方々をよくご存知の笠原さんに、フォリフォリで働くことの魅力をお聞かせいただけたらと思います。

まず、フォリフォリというブランドは知名度が非常に高いので、幅広い年齢層のお客様がいらっしゃるところと、ジュエリーと時計が特に有名でバッグもバリエーションが豊富なので、トータルでコーディネートができるところです。ファッションとして接客、提案ができるのはすごくやり甲斐があると思います。それから、商品にはヨーロッパらしく発色の良いカラーがたくさんあり、またブランドカラーもオレンジなので、エネルギッシュに働けるのではないでしょうか。また、スタッフへのサポートも手厚いと思うので、販売が初めての方でも安心して仕事ができると思います。

 

笠原さんへのインタビューの中で特に印象的だったのが「自分がオーナーだったら、という意識で働けるかどうか」とのお言葉で、これは販売職のみならず、全ての職種において大切にすべきマインドであると感じました。転職でキャリアアップを目指す上で、強いプロ意識を持った同士に出会うことのできる、まさにフォリフォリのような環境を探されている方も多いのではないでしょうか?

JOB OFFERSこのブランドの求人を見る