HR TALKS

お仕事・転職Q&A

販売員として働いていますが、いずれは本社勤務になりたい。求められるスキルは?

ファッション業界のお仕事・転職にまつわる疑問や質問に、Fashion HRの転職コンサルタントがお答えする「お仕事・転職Q&A」のコーナー。今回はショップで販売員として働く方からキャリアアップに関する質問です。

ショップ販売員として働き出して1年が経ちました。自分に会いに来てくださる顧客様もでき、接客の仕事にとてもやりがいも感じていますが、いずれは本社勤務になりたいと思っています。必要なスキルやアドバイスなどありませんか?

販売職から本部/本社スタッフにキャリアチェンジを希望する人は多く、また実際に販売職からVMDやトレーナーなどの本部/本社スタッフとして転職された人も多くいます。0062

中途採用で求められるのは即戦力レベル

中途採用で企業側が候補者に求める経歴やスキルは、“即戦力”として会社に貢献できるレベルです。この点から言うと、募集する職種で既にキャリアを積んできた経験者の方が、有力な候補者となってくるでしょう。しかもそれが競合ブランドからの転職者であれば尚更です。

ただ、企業側も募集のタイミングで必ず好都合な候補者が出てくるとは限りません。現れたとしても自社ブランドへの理解やその人自身が持つキャラクターの違い、年収などの条件が合わず見送りになる場合もあります。

その場合は、販売職からキャリアアップを目指すような「企業側が求めるスキルやキャリアと応募者のスキルやキャリアが一部しかマッチしていない方」にも採用に至るチャンスが出てきます!

販売員から本社へのキャリアチェンジの際に必要なポイントは?

では、その際に何が採用のポイントになってくるのでしょうか?もちろん、販売職での実績をしっかり上げている事は大前提です。目指している職種にもよりますが、例として販売員からVMDへキャリアチェンジするケースを挙げてみましょう。

一般的にVMDは、ブランドの複数のショップを担当し、ディスプレイを通じてブランドコンセプトを表現し、最終的には売上の増加を期待される職務です。販売職として店舗のVMD業務を担当していたという人でも「今までブランドコンセプトを表現する大掛かりなディスプレイ制作を任されていた」というような経験がある方はほぼいないでしょう。しかし日々店頭に立ち、実際に売上へとつなげるディスプレイを考えていたというリアルな経験があることが、かなり有利になることは間違いありません。

「フリー客の入店率を増加させて新規客の売上貢献につなげるためのディスプレイを考えてみる」「セット販売率を増加させるためのディスプレイを常に考え提案する癖をつける」など、店舗のVMD担当としての意識を高く持ち、日々の業務に取り組む事が重要です。

なぜ本社に行きたいか?の理由が大切!

漠然と「本社勤務になりたい」や「販売をずっとやりたくない」と思っているだけでは、
キャリアチェンジは難しいでしょう。自分の仕事のなかで次に活かせるノウハウを着実に身につけることも近道のひとつかもしれません。

ショップにいながら常にアンテナを張り、現職での実績を出し、それを武器にキャリアチェンジをする事が一番大事です。頑張ってくださいね!

シニアコンサルタント 宮下 智子さん
今回お話を聞かせてくれた転職コンサルタント
エーバルーンコンサルティング
シニアコンサルタント 宮下 智子さん

この記事に関連するタグ

FOLLOW US
SNSでも最新情報を受け取れます!

    
  • 
  • 
  • 
  • 

Sign Up for Fasion HR

会員登録すると、気になる求人情報を保存できたり、ファッション業界に特化した
20社以上の転職コンサルタントがあなたにぴったりのお仕事をおすすめしてくれるスカウト機能が利用できます!

新規会員登録